同じWiMAX、でも違うんです

現在主にWiMAXのルーター端末を発売しているのが、huawei(ファーウェイ)とNECです。

特に人気の高い端末が、huawei製のW03で、下り最大370Mbpsと同社では最速のルーターです。NECからは、440MbpsのWX03が出たため、業界最速でこそなくなっていますが、WiMAX2+の標準速度が110Mbpsであると考えると、計算上は3倍以上の速度が出ているのですから、まず速度不足で困ることはないでしょう。

huawei製とNEC製のモバイルルーターは、同じWiMAX回線を使ったルーターで、両社の前世代型ルーターである、W02とWX02とも、最速220Mbpsを実現していますが、通信方式に違いがあります。

huawei製のルーターは、CA(キャリアアグリゲーション)という技術を使用しています。CAとは、キャリア(電波)をアグリゲーション(集約)する、という意味で、ざっくり言えば複数の回線を同時にまとめて利用する技術です。

W02ですとWiMAX2+の標準である110Mbpsの回線を2つ束ねて220Mbpsの速度を出していたわけです。

W03ではそれに加えて、auの4G LTE回線(150Mbps)もまとめて使用することで、3回線合わせて370Mbpsの速度を可能にしているのです。

CAは、更にいずれかの電波状況がよくない場合に、別の回線でフォローできるため、安定した通信が可能です。もちろん使えない回線の分速度は落ちますが。

対してNEC製の通信方式は、4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)と言う基地局側と、端末側にそれぞれ4つのアンテナを利用して、同じ周波数の電波で複数のデータを同時に送受信する形式です。

WX03はCAと4×4MIMOの組み合わせで220Mbpsの回線2つを束ねることで440Mbpsを実現しているのです。

huawei製、ここが強み

huawei製のルーターは、早い時期からタッチパネルを取り入れるなど、操作性と画面の視認性のよさを売りにしています。NEC製は正直この点で劣っていましたが、WX03でようやくタッチパネルを取り入れたので、操作性はほぼ差がなくなりました。

W03の強みは、auの4G(つまり携帯の回線)に対応している点でしょう。WiMAXのアキレス腱は都心部では強いのですが地方で繋がりにくい点です。4Gならその心配はほぼありませんし、地下鉄でも繋がります。故に4Gが必要な地域に住んでいる人ならW03一択でしょう。



TOP PAGE